にしログ

大西健太の雑記ブログ。

趣味の勉強は別だけど、実践ベースじゃない勉強はいらないんじゃないかなと思う。

今、6時46分。

 

本当は11時に起きる予定だったけれど、この時間に起きてしまった。

 

5時間くらいしか寝ていません。

 

また昼寝しないとな、、、

 

今日は行動の反省と、思索をしたいなと思っています。

 

行動の反省は何かあるかな、、、

 

勉強と実践のバランスかな。

 

最近思うのが、実践ベースじゃない勉強はいらないんじゃないかなってことだな。

 

たとえば、サッカーをやったことがない幼稚園児、小学生が「サッカー日本代表になりたい!」って思ったときにするべきことは、YouTubeとかでサッカーの動画を見たり、戦術の本を読んで勉強したりすることも大事だけれど、それよりもまずはサッカーを実際にやってみないと話にならないよなってこと。

 

実際にサッカーをやってみて、サッカーを楽しいと思うか楽しくないと思うかが分かるし、本当に日本代表になりたいのかなりたくないのかが分かるし、自分の今の能力から逆算してみて日本代表になる可能性がありそうかなさそうかが分かるよなっていうこと。

 

これはきっとあらゆることに共通して言えること。

 

ボクは今までヒッチハイクをしたり、イベントを主催したり、研究をしたりしてきたけれど、「今すぐやりたい!」☞「どうしたらできるんだろう?」☞「勉強!」☞「やる!」みたいな流れだった気がする。

 

最初のモチベーションが異常に高いので、実践が前提であり、そのために何をすれば良いのかを考えて勉強して、やるみたいな感じだったと思う。

 

ということは、大事なのは究極的にはモチベーションってことになるのかな?

 

そして、そのモチベーションを生み出すためには自分自身のことを理解していないといけない。

 

おれは今何がしたいんだ?って自分に問いかけて、行動し続けないといけない。

 

目の前のやるべきことだけにとらわれていたらかなり難しい。

 

ということで、ボクの行動の反省としては実践ベースでない勉強はやめよう!ってことですかね。

 

あ、趣味の勉強は別ですよ!

 

趣味でなんとなく面白そうだなと思って本を読むことは構いません。

 

今思ったんですけど、行動の反省をするだけで、結構な思索をすることになるんですね。

 

こりゃ良いや!笑

 

今まで、何について考えれば良いのか悩んでいましたが、自分の行動について考えれば良いのですね。

 

自分の行動が最善の行動をとっているのか、ということを考えることは非常に大切なことですし、色々な考えが浮かんできます。

 

ということで、明日も自分の行動に対する反省を行っていこうと思います。

 

それが思索ってことにします。