にしログ

大西健太の雑記ブログ。

メタ認知ってええなあ。

脳科学論文と英語の社会心理学の専門書読んで、JavaScriptのコード書いた。

 

そして、このブログを書いている。

 

今日は外に一歩も出なかった。

 

それが原因かは分からないけれど、集中力が続かなかった。

 

やりたいことをもう一度見つめなおす必要があるのかもしれない。

 

自分がやりたいことは何だろう。

 

新しくて且つ人類のためになることをしたい。

 

やりたいことをやるために不自由しないくらいのお金が欲しい。

 

この2つをやるために、研究と自営業をやりたいんだな。

 

研究はどの分野の研究がしたいのだろうか。

 

今は、とりあえず心理学科に所属していたから心理学の修士と博士を取ろうと思っているけれど、それで良いのだろうか。

 

本当に心理学で良いのだろうか。

 

 あまり深く考えていない。

 

個人的に、最も世界にインパクトを及ぼす可能性を秘めていると思う学問は、脳科学だ。

 

興味があったので少し専門書を読んでみたが、意外に脳機能は解明されているなという印象がある。

 

もちろん、脳機能全体から考えたら少ししか解明されていないかもしれないが、それでも結構解明されているなという印象を受けた。

 

そのため、これからは脳科学の知見を日常生活にどんどん生かしていくフェイズに入っていくことになるのではないかと思う。

 

しかし、自分は脳科学専攻ではなくまだまだ知識も足りないと感じているので、引き続き専門書や論文を読んでいこうと思う。

 

ところで、少しモチベーションの低下が起きているのかもしれない。

 

さっき考えてみたけれど、その原因は「やりたいこと」をやっていないからかもしれない。

 

というか、そうだ。

 

研究と自営業をやっているじゃないかと思うかもしれないし、自分でも思うんだけど、これらは時間軸で考えると長期計画に入る。

 

毎日新しい研究結果を出し続けられる訳ではないし、今すぐにポンっと利益を生み出せるような事業を生み出せる訳ではない。

 

これらはどちらも1-2年、もしくは10-20年のスパンで考えていかなければならないことだ。

 

でも、人生は1-2年、10-20年に1回の成果による喜びしか味わってはいけない訳ではない。

 

1日や1週間、1か月くらいのスパンで「やりたいこと」をやっていって、それによって喜びを得ることもできる。

 

だから、こういう短期スパンでも「やりたいこと」をやっていくことが今の自分には必要なのだと思う。

 

長期と短期の「やりたいこと」をどちらもやっていくことで、より豊かな人生を送れるのではないだろうか。

 

そのようにふと思った。

 

よし、明日はやりたいことを挙げていって、短期と長期に分けよう。

 

そして、短期のものをやっていく計画を立てよう。

 

今月は何ができるか楽しみだ。

 

メタ認知ってええなあ。