にしログ

月間1万PV。大西健太の雑記ブログ。最近は情報技術(IT)・心理学・政治が好きです。

<雑記>約束のネバーランドがめちゃくちゃ面白かった。

f:id:reo0040:20190607234329j:plain

今日も1日が終わった。

 

そういえば、塾の生徒に教えてもらった「約束のネバーランド」というマンガのアニメが、Amazonプライムで見れるらしい。

 

話を聞いていて興味が出てきたので、見てみた。

 

めちゃくちゃ面白いと思った。

 

その物語の最初には、主人公たち3人を含む子供達と、その子供達の世話をしているマザーが1人出てくる。

 

彼らは、教会らしき建物に住んでおり、周囲には鬼ごっこができるほど広い自然で囲まれていた。

 

しかし、ある程度まで行くと柵があり、マザーには絶対にそこから外へ出てはいけないと忠告されていた。

 

また、2ヶ月に1度だけ、選ばれた子供は外の世界へ出ていかなくてはならない。

 

そこでは、平穏な日々が続いていた。

 

あるとき、コニーと言う6歳の女の子が選ばれ、外の世界へと出ていくことになった。

 

そして、マザーと共に、唯一外の世界へと繋がっている門へと向かっていった。

 

しかし、コニーがいつも持っているはずのぬいぐるみが、教会らしき建物に置いたままだった。

 

そこで、主人公の2人がそのぬいぐるみを持って、コニーを追いかけた。

 

門のそばまで来ると、車を見つけた。

 

はじめて車というものを見たらしい。

 

彼らは、そこで恐ろしい事実を知ることになる。

 

、、、、、、

 

という感じの物語で、こっからは完全にネタバレになるので言いませんが、めちゃくちゃ面白いです。

 

結構怖いです。

 

怖くて且つ子供達が主人公の話なんだけど、深い内容になっており、ストーリー展開も早く、戦略性もあって非常に面白いです。

 

いやー、どんどん続きが知りたくなって、単行本のマンガも読みたくなってきました。

 

キングダムに続き、やっぱりマンガって良いですね~

 

前にも言ったんですけど、研究みたいな能動的な面白さと、マンガやYouTubeみたいな受動的な面白さってありますよね。

 

どちらもそれぞれ面白いので、どっちも好きです。

 

まあ、どんなに疲れていても楽しめるのは、マンガやYouTubeみたいな受動的な面白さですけどね。

 

と、そんな感じで約束のネバーランドはめちゃくちゃ面白かったのでおススメです!

 

明日は久しぶりの塾の面談です。

 

色々考えていかないとな~

 

まあでも、いつも通り淡々とこなしていこうかなと思っております。

 

大学の中間テストの山を一つ良い感じに越えたので、引き続き基礎実験2に取り組みつつ、研究をやって、大学院を探して、大学院の勉強をして、プロダクト開発をしていきたいと思います。