にしログ

大西健太の雑記ブログ。

<雑記>ウェルビーイングがハンパない。友人の死の夢が予知夢でないことを願います。

f:id:reo0040:20190512185533j:plain


今日も思ったこと、感じたことを書いていきます。

 

今日は良い1日でした。

 

本当に幸福感で溢れています。

 

心理学的にはウェルビーイング(well being)ってやつですね。

 

研究の分析でRを使っているのですが、やっと因子分析がちゃんとできたんです。笑

 

今まではSPSSを使って分析をしていたので、Rのコードを打ち込む作業にめっちゃ苦戦していました。

 

ですが、今日はスラスラ~~っと因子分析ができたので、うおおおおおお!ってなりました。笑

 

やっと、Rの使い方がちょっとは分かってきたかな~って感じです。

 

最初はデータを取り込むところから苦戦していたので、本当にうれしいです。

 

少しでもコードを打ち間違えるとエラーになってしまいますからね。

 

よきよき。

 

あとは、今日は夕方にちょっと時間ができたので、近くの墓地でランニングをしてきたんですが、それがめちゃくちゃ気持ちよかったんです。

 

生きてるわ~って感じがしました。

 

人も全然いなかったので、走りながらめっちゃにやけてました。笑

 

その墓地は自然がたくさんあって天気も良い感じだったので、地球と1つになってるわ~感がハンパなかったです。

 

久しぶりにあんな感覚になりました。

 

あ、でも、今日は友達が死ぬ夢を見ました。

 

それも超絶リアルで、グロテスクで、その瞬間に起きました。

 

怖くなったのでその友達に連絡したら、無事に生きていたので安心しました。

 

少し調べてみると、友達の死の夢には色々な意味の解釈があるそうで、1つはその人と関係を改善したいという願望、もう1つはその人から良い知らせがある可能性、そして最後は予知夢です。

 

1つ目の関係を改善したいという願望は、もともとの関係が良くない友達の場合に起こるそうです。

 

ボクの夢にでてきた友人は仲良い友人なので、これには当てはまらないと思いました。

 

もう1つのその人から良い知らせがある可能性は、関係が良い友達の場合に起こるそうです。

 

ですので、これだったら良いなと思いました。

 

最後の予知夢は、どういうときに起こるか分からないそうですが、めったに起きないそうなので、こうならないと良いなと思いました。

 

まあでも、良い知らせがある可能性だと信じることにします。

 

この夢を見て、死を改めてリアルに実感しました。(マジで夢がリアルすぎました、、、)

 

そのおかげで、走っているときは「生きているな~~」感を味わうことができましたし、今も幸福感を感じることができています。

 

きっと友人の夢は、これから良いことが起きるよ~という合図なんだと思っています。

 

そんな感じで、明日も幸福感に包まれつつ生きていこうと思います。

 

明日もこんな感じで思ったこと、感じたことを書いていこうと思います。