にしログ

大西健太の雑記ブログ。

<雑記>良い男になるために、1日を夢中になれるもので埋めよう

f:id:reo0040:20190412150459j:plain

 

最近、良い男になるためにはどうすれば良いかを考えている。

 

服、靴、髪型などの外見から、連絡先の聞き方、食事の誘い方、デートの仕方、連絡の取り方などの女性との接し方まで、より良くする点は様々あると思う。

 

これらは、もちろん非常に重要だと思う。

 

当然といえば当然というか、良い男を目指しているなら当たり前だ。

 

ボクは、これらの表面的なところさえまだまだ改善の余地がある。

 

しかし、これらはあくまでも表面的なものだ。

 

気を付けようとすれば、誰でもできる。

 

だとするならば、より重要なものがあるはずである。

 

もっと本質的なものがあるはずである。

 

それは何だろうかと考えていた。

 

そして、ようやくその答えにたどり着いた。

 

良い男になるための、より本質的なポイント、、、それは、時間に対する熱量の多さである。

 

これは感覚的なものだから、分かる人にしか分からないかもしれない。

 

人は何かに夢中になっているとき、その何かに対して熱量を発する。

 

ゲームでも、勉強でも、仕事でも、何でもそうだ。

 

そして、その熱量の対象物と、熱量を発している時間によって、他人との違いが生まれる。

 

その他人との違いが、男の本質的な価値になる。

 

感覚的だが、いつも何かに夢中になっている男は、それだけで魅力的ではないだろうか。

 

もちろん、その男の本質的な価値は、マーケットにも反映されることが多い。

 

要するに、収入とも関連していると考えられる。

 

女性も、男の時間に対する熱量はなんとなく感じていると思う。

 

だから男は、自分の時間を自分が夢中になれるもので埋め尽くすべきだ。

 

自分が熱量を発せられるもの、自分が好きなものを見つけ、1日をそれで埋めよう。

 

そうすれば、良い男の魅力は後からついてくるはずだ。

 

これに関して、何を言っているか分からないとか、分かるけどどうすれば良いか分からない人は、自分が「すごい!」「輝いているな!」と感じている人と一緒にいる時間を増やしてみよう。

 

逆に、尊敬できないと感じる人と一緒にいる時間は減らしてみよう。

 

やはり環境は重要だ。

 

自分の周りにどんな人がいるかによって、自分の考えや行動は大きく左右される。

 

実際に、ボクが夢中になれるものを書き出してみようと思う。

 

夢中になれるもの

・読書

・プログラミング

・ブログ

・研究

・大学院の勉強

・尊敬する人との食事

・やったことないことやること

 

こんな感じだ。

 

これらで1日を埋めようと思う。

 

すでにやっていたが、本当に、もっとぎっしり埋めようと思う。

 

頭をフル回転させ続けてみようと思う。

 

みんなも夢中になれるものを見つけて、1日をそれらで埋めてみよう。