にしログ

月間1万PV。大西健太の雑記ブログ。政治・ビジネス・未来が好きです。

<自己理解>自分の内面と対話する3つの方法。自分を知れば、世界は変わる。

f:id:reo0040:20180609015717j:plain

 

こんにちは。

 

久しぶりに、政治とか難しいジャンルから離れてみました。

 

たまにはこういうのも良いかな、と思ったので。

 

気分転換って大事ですからね。

 

ということで、今回は自分の内面と対話する3つの方法について書いていきます。

 

「やりたいことが見つからない」

「このままの自分で良いのかと不安に思う」

「何だか停滞している感じがする」

こんなことが頭をよぎった人は、自分の内面と向き合う時間をとると良いかもしれません。

 

自分をより深く知ることで、世界は大きく変わります。

 

自分の内面と向き合う方法は様々ありますが、今回は僕が実践してみて「これは良いな!」と感じたオススメの方法を3つ紹介したいと思います。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

 

1:今、自分が考えていることを書き出す

自分が何を考え、何を感じ、何を思っているのかを自由に書き出してみましょう。

 

媒体は何でもかまいません。

 

紙でも、PCにキーボードで打ち込んでもOKです。

 

僕は、PCに打ち込む方が修正が楽なので、キーボードで自分の考えを書き出すことが多いです。

 

紙には、ある程度PCで考えがまとまってから書き出すようにしています。

 

ボクの場合はこんな感じです。

 

”何か自分に納得がいかない。

これは、低次欲求が満たされていないからかもしれない。

ものすごく眠い。

たぶん、眠れば解消されるはず。

ブログ書き終わったら寝よう。

今、僕がやりたいことは

・実験課題

・プロファイリングの研究

・ブログ書く

・政治に革命を起こすサービスの開発

・そのためのプログラミングの勉強

・英語の勉強

・筋トレ

・イベント

・尊敬する人に会う

・寝る

こんな感じかな。

すでにちょっとずつ取り組んでる。

でも、ちょっとずつ中途半端なんだな。

この中で一番今やりたいなって思っているのはプロファイリングの研究。

よし、やろう。

てか、やりたい。

めっちゃやりたい。

まずは寝て、起きたら大学行って図書館データベースor図書館の本でプロファイリングについて研究する。

よし、やろう。

おやすみ。”

 

本当に、ただただ思ったことを書いているだけです。

 

良かったら参考にしてみてください。

 

 

2:自分が調子が良かった状況と、調子が悪かった状況を細かく書き出す

調子が良かったときの自分は何をしていたのか、どんな状況だったのかを細かく書き出しましょう。

 

いつ、どこで、誰と、何を、どのように、なぜそれをしていたのか。

 

思い出せる範囲で大丈夫なので、できるだけ詳しく書き出してみましょう。

 

書き出し終わったら、調子が悪かったときの状況も細かく書き出してみましょう。

 

ボクの場合はこんな感じです。

 

”調子が良かった状況

いつ:大学1年の6月くらい~大学2年の3月くらい

どこで:東京(場所は関係なかった)

誰と:1人

何を:やりたいこと

どのように:やりたいように

なぜ:自分が心の底からやりたかったから

なぜそれができたのか?:その間、大学に行っていなかったから。やりたいことだけができる環境だったから。

 

調子が悪かった状況

いつ:大学3年の4月くらい~現在

どこで:東京(場所は関係ない)

誰と:1人

何を:やらなければいけないこと(大学の出席とか、課題とか)

どのように:締め切りまでに(課題とか)

なぜ:やりたくないけどやらなければならないことに割く時間が増え、気づかないうちにストレスがたまってきたから”

 

こちらも、自分自身で思い出しながら書いているだけです。

 

ボクの中では大学がめっちゃ悪者になってますね。笑

 

やっぱり、ボクはやりたいことをやりたいようにやっているときが一番調子良いんですよね~。

 

もちろん、やりたいことをやっている場合はすべて自己責任なので、誰のせいにもできません。

 

 

3:今、自分が一番したいことを考え、それを達成する方法を書き出す

自分が一番何をしたいのかを考えましょう。

 

常識に縛られず、自分が望むものを素直に考えてください。

 

これは、自分自身が本当に望むことであれば何でもOKで、決して大きな夢とかじゃなくても大丈夫です。

 

ぐっすりと寝たい、ゲームして遊びたい、海外旅行してみたい、など自分自身が心の底から一番したいことを考えましょう。

 

そして、それを達成する方法を逆算して書き出しましょう。

 

重要なことは、今からその目標に向けて何らかの行動をすることができる段階まで掘り下げることです。

 

ボクの場合は、こんな感じです。

 

”一番やりたいこと「プロファイリングの研究」

☞プロファイリングの研究

☞大学の図書館データベースor図書館の本で調べる

☞大学に行く

☞家を出る

☞荷物まとめる

☞起きる

☞寝る(もうすぐ)”

 

こんな感じですね。

 

もう、やりたいことに目覚めてきたので、はやくねたいです。笑

 

何だか言葉がごちゃごちゃですね。笑

 

 

自分を知れば、世界は変わる

今回紹介した方法を、どれか一つでも良いのでやってみてください。

 

世界中のみんなが、一日でもはやく覚醒することを願っています。

 

「自分を知れば、世界は変わる」

 

関連記事:ボクも君も宇宙だから、自分と対話しよう。