にしログ

月間1万PV。大西健太の雑記ブログ。政治・ビジネス・未来が好きです。

【初心者向け】仮想通貨とは?わかりやすく解説してみた!

f:id:reo0040:20180428210623j:plain

 

「ブロックチェーンの技術を使って面白いサービスを作りたい!」と思ったので、改めて仮想通貨というものについてまとめてみることにしました。

 

仮想通貨の概要と、仮想通貨のはじめ方についてもわかりやすくまとめてみました。

 

 

仮想通貨とは?

ビットコインやイーサリアムなど様々な仮想通貨が存在していますが、大きな特徴は以下の2点です。

1:特定の国家による価値の保証を持たない通貨

2:暗号化されたデジタル通貨

 

1:特定の国家による価値の保証を持たない通貨

日本円やドルなどのように国がその価値を保証している通貨を「法定通貨」といい、紙幣や貨幣などに目に見える形で存在するのが一般的です。

 

日本では、日本銀行が発行する日本銀行券、および造幣局が製造し政府が発行する貨幣のみが法定通貨となっており、利用面でも日常の買い物や商取引の決済や賃金などの支払いにおいて、受取を拒否できない強制力が法的に認められています。

 

一方、仮想通貨は特定の国家などによって一定の価値が裏付けられているものではなく、インターネット上でやりとりされる「交換するための媒体」、「電子データ」に過ぎません(物理的な実体もありません)。しかし、仮想通貨は日本円やドルなどの法定通貨で行うほぼ全てのことができます。また、法定通貨とも交換できることが仮想通貨の経済的価値の土台となっていると考えられます。

 

2:暗号化されたデジタル通貨

仮想通貨が通貨として認識されつつある背景として、暗号化技術があります。公開鍵暗号、ハッシュ関数等の暗号化技術により、仮想通貨の偽造や二重払いといった通貨の基本的な問題を回避できるように設計されています。また、暗号化技術をブロックチェーンに適用することでデータの真正性も担保しています。このような技術により仮想通貨の価値移転を安全に行うことが可能となっているのです。

 

ちなみに、安全性を確保するために暗号化技術が使われていることから、アメリカなどでは仮想通貨を「暗号通貨(クリプトカレンシー:cryptocurrensy)」と呼んでいます。

 

初心者は「積立投資」がおすすめ

仮想通貨の相場は乱高下が激しいため、高値でつかんでしまう大きなリスクがあります。そのため、投資予算が決まっているなら積立投資をするほうが、最終的なパフォーマンスは良くなる可能性があります。

 

積立投資は、一定額・一定数の仮想通貨を毎月or毎週or毎日買い続ける投資法です。

 

積立投資の特徴は、大きく分けると2つあります。

1:100円や1000円という少額から始められる

2:チャートの乱高下に左右されず、自動的に投資を続けられる

 

積立投資は100円や1000円からでもはじめることができ、一度に必要とする資金が小さいので、一度に全額投資するより投資に対する負担が小さく感じられますし、買い時を分散しているので、リスクの分散にもつながります。

 

年金の保険料を毎月決まった金額を納めるのと同じように、「毎月決まった金額をコツコツ運用して、自らの将来に対する備えをしましょう」ということです。

 

仮想通貨で積立投資をする場合は、Zaifがオススメです。なぜなら、他の有名な取引所であるcoincheckやbitFlyerよりも割安でアルトコインを買えるからです。

 

というわけで、まだ口座を作っていない方はこの機会にどうぞ。もちろん無料です。

【 Zaifでアカウントを開設する(無料)

 

 

仮想通貨とは?:まとめ

仮想通貨は誰でも持つことができて、世界中の人とすぐに取引ができる本当に画期的な通貨です。coincheck事件によって現在の市場は停滞していますが、今後はさらに発展していくことが予想されます。

 

改めて、「ブロックチェーンの技術で面白いサービスを作りたい!」と思いました。

 

では。