にしログ

大西健太のブログ。”現役大学生”が「政治」についてつづります。

女優・石田ゆり子さんも推薦!悩んでいるときに読むべきオススメ本「なまけ者のさとり方」!

f:id:reo0040:20180310183624j:plain

 

「いつも絶好調の自分でいたい。」と、誰もが思いますよね。

 

しかし、世の中そんなに上手くはいきません。

 

良いときもあれば、もちろん悪いときもあります。

 

では、悪い状態になったとき、どうすれば良い状態にすることができるのでしょうか?

 

ボクは現在、完全に絶好調の状態というわけではありませんが、ある本を読んだことがきっかけで、悪い状態から良い状態に方向転換することができました。

 

今回は、悪い状態から良い状態へ方向転換するための考え方を示してくれるオススメの1冊を紹介したいと思います。

   

 

なまけ者のさとり方:ダデウス・ゴラス

 

内容紹介

もっと自由で、あたたかく、平和で、愛にあふれた世界に、どうすればたどりつくことができるのでしょうかーー。

本書は、つらい時、苦しい時、途方に暮れた時に心の迷いを晴らしてくれる、世界一やさしい人生のガイドブックです。

つらい修行などしなくても、自分自身にもっと素直になり、あなたの「さとり」はきっと実現するはずです。

世界中の”なまけ者”たちに贈るニューエイジのバイブル。

この本が、あなたの幸せへの道を明るく照らしますように。

 

感想

よくある自己啓発本かと思いきや、この本の内容は超濃いです!

作者のダデウス・ゴラスさんは絶対に何か本質的真実を掴んでいる、と思わせるような、この本の響きは、何度読んでも飽きさせることがありません。

ボクが特に「これは!」と思ったものを以下に挙げておきます。

 

・ただ、あなたが見たり感じたりするすべてのものが持つ、ダイヤモンドのような完璧な美しさに気がつきさえすればよいのです。

・そもそも、なにかの思いを避けて通ろうとしたために、私達は今こうして肉体のレベルに生まれているのです。

・自分の内側や外側にあなたが見ているものを変える必要はまったくありません。ただ、あなたのものの見方を変えればよいのです。

・他の人があなたに何をしようと、あなたに起こることは、すべてあなたの責任です。

・意識を何かからそらすことによってそれに抵抗していると、あなたは恐怖を味わいます。

普通の自己啓発本から一線を画した本になっているので、今、悪い状態の人は読むべしです!

 

実は、この本は女優石田ゆり子さんもオススメしています。

f:id:reo0040:20180309001956j:plain

Lily ――日々のカケラ――(著者:石田ゆり子)」という本の中で、石田さんは

「これまで何度かお話していますが、「なまけ者のさとり方」という本がわたしのバイブルなんです。繰り返し読んでいるのでもうボロボロ(笑)。高校生のときにたまたま出会ったんですが、そのなかに書いてあることが、まさに自分の考えていたこととドンピシャリでした。」とおっしゃっています。

一流の女優さんもオススメしている本なので、絶対に読んで損はしないと思います。

 

「最近、何か調子悪いな~」と感じている人はぜひ1度読んでみてください!

では。 

 

 

 なまけ者のさとり方:ダデウス・ゴラス

 

関連記事

www.kenta0040.net