にしログ

~やりたいという気持ちを大切に、今を楽しく生きる~

勉強は、世界を知るためのツールである。

ボクは、今まで勉強をしてこなかった。

 

なぜなら、勉強の必要性を感じてこなかったからだ。

 

勉強は、良い成績をとって良い高校に行って良い大学に行って良い会社に就職するためにするものだと思っていた。

 

しかし、今は違う。

 

勉強は、世界を知るためのツールである。

 

小学校から大学までの間で、世界の基礎知識を学ぶことができる。

 

今、むちゃくちゃ世界を知りたいと思っている。

 

ボクには基礎知識が全然足りない。

 

その先の、自分で世界を広げる研究領域にたどり着くまではまだまだ遠い。

 

ボクの知らない世界がまだまだまだまだ果てしなくある。

 

だから、ボクは今勉強をしたいと思っている。

 

英語と日本史と世界史と政治経済とプログラミングを勉強したい。

 

幸運なことに、ボクは今塾の講師をしている。

 

アウトプットの場がある。

 

これは、やるしかない。

 

英語は、まずは単語と熟語。

 

日本史と世界史と政治経済は図書館で本を借りてきて読み漁る。

 

プログラミングは、図書館で本を借りてきて実際にこのPCで入力してみる。

 

やりたい。

 

英語と日本史と世界史と政治経済とプログラミング。

 

世界を知りたい。