モノポリーと12万円

f:id:reo0040:20170225224854j:plain

 

 

 

「やりたいことを1秒でも早く全部やる」と決めてから、現在5ヶ月目です。

 

 

5ヶ月ほど前にやりたいことがたくさん見つかり、やりたいことを全部やるためにはお金が必要だから、お金を得るために起業をしようと考えるようになりました。

 

 

その時「よし、起業しよう」と思いましたが、何をすれば良いのかわかりませんでした。

 

 

ボクの周囲に起業したいと考えている人は一人もいませんでした。

 

 

 

そこで、まずは本から学んでみようと思い、ビジネス本を読み始めました。(現在もです)

 

 

本には、著者それぞれの考え方、経験に基づいた「成功する起業家の資質」についてや、「何をするべきか」などが書かれていました。

 

 

ビジネス本を30冊ほど読むと、どの著者も同じ事を述べている部分があることに気づきました。

 

 

その部分は「環境」「時間」「失敗」。

 

 

「環境」は、周囲に起業を志す人達がいる「環境」を手に入れることの重要性。

 

 

「時間」は、有限であるのだから、その使い方によって全てが決まるのだという「時間」の重要性。

 

 

「失敗」は、この世界に正解はないから、とにかく行動して失敗、行動して失敗の繰り返しであり、失敗を積み重ねない限り成功はしないという「失敗」の重要性。

 

 

これらの部分を踏まえて行動していけば良いのだと理解し、行動していきました。

 

 

「環境」を求め、「時間」を管理しながら行動していきました。

 

 

この世界に完全なものは何一つないため、まだまだ全然足りません。

 

 

しかし現在は、5ヶ月前の「ボクの周囲に起業したいと考えている人が一人もいない」という環境ではありません。

 

 

現在のボクの課題は「時間」を管理しながら「失敗」を積み重ねていくことです。

 

 

具体的なことを挙げると「モノポリーと12万円」。

 

 

モノポリーというボードゲームで、尊敬する人に勝てるだけの実力をつけて勝ち、さらに12万円の利益を上げること。

 

 

もちろん、1秒でも早く。

 

 

基本的なボクの考え方は「やりたいことを1秒でも早く全部やる」です。

 

 

そして、そのためにできることは全部やる。

 

 

やりたいことを全部やるために、今は「モノポリーと12万円」。

 

 

以上、おしまい。

 

 

 

関連記事はこちら↓

 

www.kenta0040.net

 

www.kenta0040.net