読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしログ[[毎日更新]]

~「笑顔の絶えない社会を創る」~大西健太/19歳/東京/自分の考えや行動をアウトプットすることがこのブログの一番の目的です/サッカー/将棋/囲碁/読書/ブログ/クラシック音楽鑑賞/一人カラオケ/家入レオ

Skypeで親戚のフランス人と英語のみで会話をしてみた。感想は、、、、

 

f:id:reo0040:20170130160517p:plain

 

ボクは現在英語の必要性を感じ、英語を話せるようになりたいと思っています。

 

 

英単語や文法を覚えることは大事です。

 

 

だけど、英語を「話せる」ようになるためには、実際に英語で会話をしてみなければならないと感じたので、親戚のフランス人に連絡をとり、英会話の練習相手となって頂きました。

 

 

Skypeを使って英語のみで会話をしました。

 

 

感想は「あーーーー、おれポンコツや」です。

 

 

30分ほど会話をさせて頂いたのですが、ボクが話していた時間は30秒くらい。

 

 

会話というか、一方的に親戚のフランス人にしゃべってもらっていました。

 

 

今振り返ると、本当に申し訳ないことをしたと思います。

 

 

会話をしたいと思って挑んだのですが、実際に英語のみでの会話となると、一気に頭が真っ白になりました。

 

 

自分の気持ち、自分の考えすら伝えることができませんでした。

 

 

なぜ伝えることができなかったのか、考えてみました。

 

 

考えて、答えを導き出しました。

 

 

その答えは「やったことがないから」です。

 

 

当然です。

 

 

英語を使って自分の考えや気持ちを相手に伝えるということを「やったことがないから」できないのだと思います。

 

 

そして、英語を話せるようになるためには「間違っていても伝えようとする気持ち」が大事だと思いました。

 

 

「英語で会話をする」ということは、決して特別なことではないと思います。

 

 

ただの、ボクが「やったことがないこと」の一つです。

 

 

何でもそうだけど、「やったことがないこと」を「やる前」は、不安な気持ちが必ずつきまといます。

 

 

だけど、一度始めてしまえば意外になんとかなるものです。

 

 

ボクは「ヒッチハイク」や、その他の「やったことないこと」をやってきた経験から、そう確信しています。

 

 

今週の木曜日に、親戚のフランス人と直接会う約束をしました。

 

 

だから、その時は思いっきり英語を使って話しかけてみようと思います。

 

 

「プライド オブ ポンコツ」を捨てて、間違えても良いからとにかく思ったことを全部英語で伝えてみます。

 

 

感謝の気持ちを忘れずに。

 

 

 

関連記事はこちら↓

 

www.kenta0040.net

 

www.kenta0040.net