読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしログ[[毎日更新]]

~「笑顔の絶えない社会を創る」~大西健太/19歳/東京/自分の考えや行動をアウトプットすることがこのブログの一番の目的です/サッカー/将棋/囲碁/読書/ブログ/クラシック音楽鑑賞/一人カラオケ/家入レオ

「ただの串屋」に対する自分の考え方の変化

f:id:reo0040:20161229153022j:plain

 

 

昨日は、半年ぶりに高校の友人達と新宿の串屋で集まりました。

 

 

以前だったら、ただただ串屋で食べて、話して「楽しかったなあ」だけで終わっていたと思います。

 

 

でも、昨日は少し違いました。

 

 

昨日行った串屋は、様々な具材の串が店の中央にあり、それらを自分で選んで持ってきて、自分の席にある熱された油で揚げて食べるというシステムでした。

 

 

席数はだいたい70席くらい。

 

 

90分食べ放題で2400円でした。

 

 

その串屋は、全国展開されている有名なチェーン店です。

 

 

ということは、当然儲かっているわけです。

 

 

ボクは店内に入ってから、自然とどういう仕組みで儲かっているのかを考えていました。

 

 

ここからは全て推測です。

 

 

一本の串に対する具材の値段は、だいたい5円、10円くらいか?

 

 

いや、もっと少ないかもしれない。

 

 

サイドメニューのカレーやケーキ、パスタは1度に大量に作ることができるから、一人分にすると10円くらいか?

 

 

食材は、特に貴重な具材は使用しておらず、大量発注が可能。

 

 

基本予約制だし、新宿という好立地にあるため、回転率はほぼ100%。

 

 

串を取ってくる時間と、串を揚げる時間があるため、通常のレストランと違って、お腹が満たされやすくなる傾向がある。

 

 

さらに揚げ物ということもあり、よりお腹は満たされやすい。

 

 

食べ放題は90分一律2400円。

 

 

店内は清潔に保たれていて、従業員の活気もあった。

 

 

これは、家賃と人件費、管理費を含めても、充分プラスだろうなあ。

 

 

という感じで考えていました。

 

 

明確な根拠は全くなく、全て推測なのではっきりとしたことは何も分かりません。

 

 

以前は、みんなと串屋で集まって食べて話して楽しむだけだったけど、現在は様々なものの見方が少しずつ変わってきているのかなと感じました。

 

 

 

関連記事はこちら↓

 

www.kenta0040.net

 

www.kenta0040.net