読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にしログ[[毎日更新]]

~「笑顔の絶えない社会を創る」~大西健太/19歳/東京/自分の考えや行動をアウトプットすることがこのブログの一番の目的です/サッカー/将棋/囲碁/読書/ブログ/クラシック音楽鑑賞/一人カラオケ/家入レオ

~起業編~世界に貢献するためには「生きているうちにやることリスト」

f:id:reo0040:20161221231255p:plain

 

 

ボクは、何らかの形で、この世界がより良くなるように貢献したいと考えています。

 

 

しかし、今のボクでは貢献できません。

 

 

そこで、どうすればこの世界に貢献することができるのか、そして、今ボクがやるべき事は何かを考えました。

 

 

まず、世界に貢献するためには、今ボクが生活しているこの日本で何らかの結果を残さなければならないと思います。

 

 

なぜなら、今の日本の恵まれた環境で結果を残せないのなら、世界のどこへ行っても通用することができないと思うからです。

 

 

そして、日本で結果を残すためには、その事業に対して自分の時間と労力と資金を全てかけなければならないと思います。

 

 

その作業をできる環境を作らなければなりません。

 

 

そのためには、まず、自分の力だけで生計を立てられるだけの経済力を得ることが必要だと思います。

 

 

ある程度自分の思い通りに生活ができ、食べたいものが食べられる環境。

 

 

その環境があれば、一つの事業に真正面から取り組むことができると思います。

 

 

その環境を作るためには、まずビジネスを学び、起業をして収入を得るべきだと思います。

 

 

現在、数冊のビジネス本を読んでいますが、どの本にも、信頼できる先輩起業家、いわゆるメンターから指導してもらうのが最短の道だと書いてあります。

 

 

あと、「今、身近にいる人々の中に、君を成長させてくれる人はいない。いたとしたら、君はもう変わっているはずだ。」と書いてありました。

 

 

その通りだと思いました。

 

 

今とは違う環境で、しかも信頼できる先輩起業家、メンターからの指導が受けられる環境。

 

 

そう考えたとき、もうあれしかないと思いました。

 

 

それは、学生起業を支援する団体、WILLFです。

 

 

起業したいと思い始め、起業について何の知識もなかったときに、WILLFの無料説明会へ行きました。

 

 

しかし結局、「誰かに教えてもらわずに自分でやってやる」と思ったので、受講するのは辞めていました。

 

 

その記事がこちら↓

 

www.kenta0040.net

 

 

6ヶ月で23万円の受講料です。

 

 

最初は、その値段にもビビって受講を辞めました。

 

 

でも、WILLFは実際に学生起業家を何人も生みだしています。

 

 

実績があります。

 

 

WILLFの社長の黒石健太郎が出している「渋谷で教える起業先生!」という本を読みましたが、この人の考えや、今まで経験してきた出来事には共感できる部分が多いです。

 

 

この人がWILLFを立ち上げた理由にも共感できます。

 

 

ボクが世界に貢献するための第一歩として、まずこのWILLFに入り、ビジネスについて学んで起業をすることが、今の自分にとって最適な判断なのではないかと考えました。

 

 

 

関連記事はこちら↓

 

www.kenta0040.net

 

www.kenta0040.net