にしログ[[毎日更新]]

~主に思考のアウトプットをしています~

ボクがブログを1ヶ月続けてみて分かったこと

 

f:id:reo0040:20161215000411j:plain

 

 

今日で、ブログを始めてから1ヶ月です。

 

 

実際にボクが1ヶ月ブログを続けてみて、分かったことを紹介します。

 

 

 

.自分の言葉で記事を書き続けることで、自分の現状を把握できる

 

 

自分の言葉で記事を書き続けることによって、じぶんの現状を把握することができます。

 

 

自分の言葉で記事を書くということは、自分で何を書くか考え、自分の言葉を見える化するということです。

 

 

どんな記事を書くにしろ自分の言葉で書くのですから、自分が知っていたこと、考えたこと、思ったことしか書けません。

 

 

「うわー、今日ブログになにも書くことないわ」と思った日があったとすれば、その日は一日なにも考えずに過ごし、何となく時間が過ぎていたのでしょう。

 

 

逆に、「どうしてもあの事について書きたい。今のこの気持ちを文章にまとめたい」と思った日があったとすれば、その日は自分に何か刺激がある出来事があり、何かしらの影響を強く受けたのでしょう。

 

 

そうして、ふと以前の記事を見返してみると、「あの日はあんなこと考えていたのか。あの日はあんな出来事があったのか。」と、以前の自分と今の自分を比較することができるのです。

 

 

このように、自分の言葉で記事を書き続けることで、自分の現状を把握することができるのです。

 

 

 

.直接会って自分で説明しなくても、自分の考え、今までしてきたことを、人に伝えることができる。

 

 

ボクはブログに自分の考えと、今までしてきたことを書いています。

 

 

だから、直接会って自分で説明しなくても、自分の考え、今までしてきたことを、ブログを見てもらうだけで人に伝えることができます。

 

 

友人にはもちろん、見ず知らずの他人にまで、ボクの考え、ボクが今までしてきたことを伝えることができます。

 

 

1ヶ月で、1407PV、ユニークアクセス数758でした。

 

 

ユニークアクセス数には、同じユーザーが違う日にこのブログを訪問している場合もカウントされているので、正確ではありません。

 

 

しかし、実際のユーザーの数がユニークアクセス数の半分だと考えても、約300人にボクの考え、ボクが今までしてきたことが伝えられたということになります。

 

 

これは、とてつもなくすごいことです。

 

 

このように、直接会って自分で説明しなくても、自分の考え、今までしてきたことを、人に伝えることができるのです。

 

 

 

 

ボクがブログを書いていなかったら、このようなことは起きていません。

 

 

情報を発信していく力は、これからの時代とても強力なものになります。

 

 

ブログを始めることは、パソコンがあれば誰にでもできます。

 

 

やるか、やらないかだけです。

 

 

興味がある人は、ぜひ始めてみてください。

 

 

 

関連記事はこちら↓

 

www.kenta0040.net

 

www.kenta0040.net