にしログ[[毎日更新]]

~主に思考のアウトプットをしています~

みんな!なぜ大学に行くの?

 

f:id:reo0040:20161201000246j:plain

 

 

ボクは現在大学1年生です。

 

 

入学して半年が経ちました。

 

 

大学に行っている人達は、ボクも含めて「常識に縛られている人達」だと思います。

 

 

「どういう意味?」と思った人は、この記事を読み終えて「なんとなく意味が分かった」と思ってくれたらうれしいです。

 

 

大学生を半年経験してみての感想は、率直に「大学いらなくね?」です。

 

 

「じゃあ行くなよ」と思いますよね。

 

 

でも、やっぱり「安心していたい」という気持ちが、まだボクにもあるんですね。

 

 

今の段階では「大学をやめる」という決断をすることはできませんし、おそらくこのまま行けば卒業すると思います。

 

 

だけど、もしボクが在学中に起業などをして生計が成り立てば、100%大学は途中でやめます。

 

 

なぜなら大学の内容は、ボクにとって9割が必要のないものだからです。

 

 

講義はボクにとって興味のないことばかりだし、大学の講義で「面白い」と思ったことは1度もありません。

 

 

無駄な時間が多すぎる。

 

 

しかしボクは大学に通っています。

 

 

ボクが高い学費を親に出してもらってまで通っている理由は2つあります。

 

 

1つ目は親を安心させるためです。

 

 

小さい頃から、とりあえず大学に行かせれば安心だと言われてきました。

 

 

ボクも以前は、当然のように大学に行くことが当たり前だと思っていました。

 

 

なぜなら、就職は高卒より大卒の方が有利だと思うし、世間一般的に高卒より大卒の方が良いイメージがあるからです。

 

 

親は、ボクが大学を卒業したら就職するのが当たり前だと考えています。

 

 

ボクも大学へ入学するまではそのように思っていました。

 

 

今は違いますが。

 

 

今は、自分がやりたいことをやるために生きています。

 

 

自分がやりたいことをする過程の中に就職という選択肢ももちろんありますが、今は第一優先では全くありません。

 

 

自分がやりたいことをするために就職を選択することは、むしろ最終手段です。

 

 

ボクが大学へ通っている理由の2つ目は、色々な人に会えるからです。

 

 

大学には様々なところから来ている人達がいます。

 

 

今までは小中高と、地元や、遠くても東京近辺の人達としか関われませんでした。

 

 

しかし大学では違います。

 

 

ボクが大学で友達になった人は、北海道から熊本、韓国、ベトナム、アメリカ人など、本当に様々なところから来ています。

 

 

その人達と会話をしていると自分の世界が広がるし、何より話していて面白いです。

 

 

本が好きな人やサッカーが桁違いに上手い人、心理学に興味がある人や経済に興味がある人などなど。

 

 

今まで触れたことがない世界の人達に出会えます。

 

 

ボクは、これら2つの理由で現在大学に通っています。

 

 

しかしこれらの理由は、正直こじつけかもしれません。

 

 

本当は大学に行きたい理由などなくて、「みんなが行っているからボクも行っているだけ」なのかもしれません。

 

 

それらの理由じゃださいから、考え抜いてこれら2つの理由を考え出したのかもしれません。

 

 

どちらにしろ、「大学いらなくね?」の考えは変わりません。

 

 

ただ、ボクは自分が通っている大学しか通ったことがないので、他の大学のことは分かりません。

 

 

他の大学は、もっと面白くてためになる講義をやっているのかもしれません。

 

 

この点を踏まえると、「俺が通ってる大学いらなくね?」になりますね。

 

 

みなさんも、自分が「なぜ大学に通っているのか」「なぜ今の仕事をしているのか」「なぜ今この課題をやっているのか」を考えてみてください。

 

 

考えてみたら、「みんなが行っているから自分も行っているだけ」「みんながやっているからやっているだけ」という考えになるかもしれません。

 

 

そこに自分の意思はないのかもしれない。

 

 

もしそうだったとしたら、「常識に縛られている人達」ではないでしょうか?

 

 

 

関連記事はこちら↓ 

 

www.kenta0040.net

 

www.kenta0040.net