にしログ[[毎日更新]]

~主に思考のアウトプットをしています~

日雇いを50回経験したボクが、日雇いバイトを薦める理由

f:id:reo0040:20161121102934j:plain

 

 

みなさん、日雇いのイメージってどんな感じですか?

 

 

肉体労働でブラックなイメージがありますよね。

 

 

ボクは、日雇いを50回くらい経験してきました。

 

 

もちろん、普通のファミレスのバイトと、クリーニング屋のバイトも経験したことがあります。

 

 

そんなボクは、ぜひ日雇いをすることを薦めます 。

 

 

 

((日雇いを50回経験したボクが、日雇いバイトを薦める理由))

 

 

 

1・稼ぎたいときに稼げる

 

 

 

普通のバイトはシフトが決まっていて、それに従わなければなりません。

 

 

しかし、日雇いは入りたいときに自分で選んで入れます。

 

 

ちょっと稼ぎたいなと思ったら、派遣会社に連絡して、すぐに入れて稼げます。

 

 

 

2・安全にブラックな世界を見ることができる

 

 

 

日雇いのイメージが、肉体労働でブラックというイメージの方はたくさんいらっしゃると思いますが、ほぼその通りです。

 

 

何をやるかによっても違ってきますが、扱いは基本的に超絶雑です。

 

 

派遣を依頼している会社の方も、毎回派遣で来る人が変わるので、それは雑にもなりますよね。

 

 

そして、何よりも、派遣のみで働いている人達の世界を見ることによって、いろんな感情が芽生えます。

 

 

ボクが日雇いを薦める一番の理由です。

 

 

 

3・日雇いで、社会科見学ができる

 

 

 

ボクは、日雇いで配達の仕事をしたときに、防衛省、大企業のオフィス、ケーキ工場などにシュレッダーを届けに行きました。

 

 

普段生活しているだけでは入れない、入ろうともしないところへ行けることができます。

 

 

ボクが最も印象に残っているのは、防衛省へ行ったときです。

 

 

厳重な入室セキュリティでした。

 

 

防衛省の中庭には、実弾装備されたPAC3が配置されていました。

 

 

守衛の人は、銃を常に持っていました。

 

 

職員の方々は、お互いを「何々等兵」などと呼び合っており、衝撃を受けました。

 

 

 

 

日雇いバイトをすることによって、普段見られない世界を見ることができる上、お金がもらえます。

 

 

体力があるうちに、まだ世界が狭くて若いうちに、いろんな世界を見ておくことは重要です。

 

 

みなさんも一度、日雇いバイトをやってみてください。